医療レーザー脱毛が良いとお話をしましたが、
決して万能というわけではありません。
それは価格の問題なく、脱毛に関しての問題です。

医療レーザー脱毛が万能ではないと感じるのは、
それは機種によって性能が異なるからです。

医療レーザー脱毛器は、
アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどの
脱毛法があり、その中でも様々な種類の脱毛器があります。

どの脱毛法の脱毛器でも良いのですが、
問題なのは最新の機種か古い型の脱毛器かです。

医療レーザー脱毛器は、年々改良され、
性能が向上しております。
旧型の物なら、産毛や肌黒の場合脱毛しにくかったのですが、
最新の機種なら、そうした欠点をカバーできています。

医療レーザー脱毛器は、
脱毛する側の技術よりも本体そのものの性能ですので、
旧型のものなら、脱毛できることが限られます。

しかし、最新の機種の物は価格が高く、
儲かっているクリニックしか導入できません。

例えば、都心で頻繁に脱毛しているクリニックなら
患者も多いので、設備投資できますが、
地方の小さなクリニックだと中々導入することは出来ません。

また、規模が大きすぎるクリニックも、
全てのクリニックに導入するには物凄いお金がかかるので、
簡単には導入できません。

ですから、クリニックで脱毛するには、
どのクリニックで脱毛するかも重要になります。

旧型の脱毛器しか置いていないクリニックにいっても、
正直これかがクリニックなのかと
がっかりしてしまう可能性もあります。

クリニックが良いといっているのは、
高性能の医療レーザー脱毛器が置いてあるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です